妻に花を買って帰ろうかなというときの話

今日は、自社のほうで書いたブログが妻の日のブログにもよいなと思ったので引用です。


最近引っ越して自分の部屋ができたので、また下手なギターを弾くようになりました。

気に入った曲と出会ったら、you tubeで誰かが弾いてる映像を見てコードを確かめて、ふふんとインチキ英語で気分よく歌っています。

3ヶ月の息子を部屋に連れ込んで、観客になってもらったりもします。


最近気に入っているのが、月のことを歌っている曲で、

今日は仕事中に窓の外に見える月が綺麗だなーと眺めていました。

と思っていたら、お気に入りの広島のパン屋さんのブログにも月のことが書かれていて、

夏の月は、日が暮れると同時に昇り、一晩中空高く輝いて優しく照らしてくれるとのこと。

そういえば、そうだなーと思いながら、職業病か

綺麗だと感じると、その美しさを花に応用できないものかと

美しいと感じる仕組みを考えてみたりするのですが、


今日の月は本当に綺麗で、

その美しさを花に生かそうとするよりも、

そんな月を見る夜を少しだけ彩る、窓辺に飾る花が

脇役として、少しあればいいなぁと思うので


今日は嫁に花を少し持って帰ろうかと思います。

Trackbacks

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tsumanohi.com/ts/mt-tb.cgi/90

コメントを投稿

(コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。その場合、承認されるまではコメントは表示されません。)